当サイトの栄養成分値について

当サイトで使用している指標

犬猫の栄養基準値はAAFCO養分基準2016年度版を使用しています。

手作りレシピの成分値は日本食品標準成分表2020年版(八訂)を使用しています。

AAFCO養分基準(2016)

AAFCOの基準値は2016をベースとし、犬猫の一日に必要な栄養素量と比較を行っています。

その際、AAFCO養分基準と日本食品標準成分表2020年版(八訂)の記載の違いは以下のように変換を行っています。

AAFCOの記載食品成分表の記載
ビタミンAレチノール
ビタミンEαトコフェロール
チアミンビタミンB1
リボフラビンビタミンB2
ナイアシンナイアシン当量
ピリドキシンビタミンB6
※ビタミンB6にはピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンが含まれているがここではピリドキシンとイコールとする
メチオニンシステインメチオニンは存在するため、システインの値はメチオニンシステインからメチオニンの値を差し引く
フェニルアラニンチロシンフェニルアラニンは存在するため、チロシンの値はフェニルアラニンチロシンからフェニルアラニンの値を差し引く

AAFCO養分基準で用いられている単位から日本食品標準成分表で用いられている単位への変換

AAFCOの養分基準の栄養素(単位)日本食品標準成分表の栄養素(単位)値の変換計算
ビタミンA(IU)レチノール(μg)ビタミンA(IU)×0.3
ビタミンD(IU)ビタミンD(μg)ビタミンD(IU)×0.025
ビタミンE(IU)αトコフェロール(mg)ビタミンE(IU)×0.67

コリン、塩化物の表記について

コリン、塩化物は日本食品標準成分表に記載がないため、ほとんど情報がありません。このため基本的に記載していませんが、総合栄養食など一部の手作りレシピには記載をおこなっています。

記載している手作りレシピはアメリカ農務省の栄養標準データベースであるUSDAのデータベース、もしくはthe complete no-fads-plain-facts guide to healthy eating(本)に記載の値を用いています。

もしくは塩化物については食品成分表のナトリウム値に塩素(原子量、35.45)とナトリウム(原子量、23)の原子量比を乗じて「塩素」量として用いています。

調理による栄養素の減衰について

調理による栄養素の減衰については食品成分表で考えられる範囲に留め、基本的に考慮していません。

調理前と調理後の重量変化率は食品成分表で判明しなかったものについては実際の調理時に重量を図ることで計算しています。

当サイトで表示している犬猫の基準値

犬の1日当たりのエネルギー要求量の求め方

PERの求め方、DERの係数はペット栄養管理学テキストブック掲載の計算式を採用しています。

PER=70×体重の0.75乗(kcal ME/日)

  1. 体重×体重×体重(愛犬の体重を3乗する)
  2. √(ルート)を2回押す
  3. 2の数に70をかける

犬のライフステージ(活動係数・エネルギー係数)

  • 生後4か月までの幼犬:4.0
  • 生後4か月から1年までの幼犬:2.0
  • 避妊・去勢済みの成犬:1.6
  • 避妊・去勢なしの成犬:1.8
  • 肥満傾向の成犬:1.4

避妊・去勢済みの成犬3kgの場合

1日当たりのエネルギー要求量は256kcalとしています。

安静時のエネルギー要求量(RER)×ライフステージ=1日当たりのエネルギー要求量(DER)(1日に必要なカロリー)
160 kcal(RER)×1.6(ライフステージ)=256 kcal(DER)

避妊・去勢済みの成犬5kgの場合

1日当たりのエネルギー要求量は374kcalとしています。

234 kcal(RER)×1.6(ライフステージ)=374 kcal(DER)

避妊・去勢済みの成犬10kgの場合

1日当たりのエネルギー要求量は630kcalとしています。

394 kcal(RER)×1.6(ライフステージ)=630 kcal(DER)

猫の1日当たりのエネルギー要求量の求め方

PERの求め方、DERの係数はペット栄養管理学テキストブック掲載の計算式を採用しています。

PER=70×体重の0.75乗(kcal ME/日)

  1. 体重×体重×体重(愛猫の体重を3乗する)
  2. √(ルート)を2回押す
  3. 2の数に70をかける

猫のライフステージDERを求める係数(活動係数・エネルギー係数)

  • 1歳までのの幼猫:自由菜食(2.5)
  • 去勢・避妊済みの成猫:1.2
  • 去勢・避妊なしの成猫:1.4
  • 活発な成猫:1.6
  • 肥満傾向の成猫:1.0

避妊・去勢済みの成猫2kgの場合

1日当たりのエネルギー要求量は141kcalとしています。

安静時のエネルギー要求量(RER)×ライフステージ=1日当たりのエネルギー要求量(DER)(1日に必要なカロリー)
118 kcal(RER)×1.2(ライフステージ)=141 kcal(DER)

避妊・去勢済みの成猫4kgの場合

1日当たりのエネルギー要求量は238kcalとしています。

198 kcal(RER)×1.2(ライフステージ)=238 kcal(DER)

避妊・去勢済みの成猫6kgの場合

1日当たりのエネルギー要求量は322kcalとしています。

268 kcal(RER)×1.2(ライフステージ)=322 kcal(DER)

なんで総合栄養食のペットフードを8割食べる想定の給与量を設定しているの?

日本食品標準成分表にはコリン、塩化物、タウリンの記載がありません。

このため犬猫に必要なそれらの栄養素量を計算で出すことが難しく、1日に必要な栄養素量について考えるために、手作りレシピを食べた場合でも1日の必要栄養素量を満たす総合栄養食のペットフードを8割程度食べることで計算のできない栄養素を補完しています。

また調理による栄養素の減衰については食品成分表で考えられる範囲に留め、基本的に考慮していないため、実際の栄養素には計算値と比較して過不足が生じるため、総合栄養食のペットフードを食べることで安定した摂取栄養素量の確保を行うようにしています。

また家庭で手に入りやすい食材を使用した手作りレシピでは、全ての規定の栄養素を平均的に摂取することは難しく、ひとつ、ふたつの値だけが過剰になり、全く含まれていない栄養素もあるといった過不足の大きな栄養バランスになりがちです。この場合足りていない栄養素は全て総合栄養食のペットフードで補うことになります。もし手作りレシピの給与量を、配合量の多い栄養素が1日に必要な栄養素量を満たす給与量に設定してしまうと、足りない栄養素を補完できる量の総合栄養食のペットフードを摂取した場合は手作りレシピに配合量の多い栄養素は更に追加されることになります。

これを避けるために配合量の多い栄養素でも1日に必要な栄養素量の1/2以下程度を充足する給与量とし、総合栄養食を食べる余裕を与えています。

手作りレシピの1日の給与量目安に記載されている量を与えた場合、同時に紹介しているペットフードの参考給与量を与えても上限のある栄養素の上限値は超えないように計算されています。

気軽に既存のペットフード以外を与えられる環境を作りたいと考え、手作りレシピは少なめの給与量に設定し、総合栄養食のペットフードで補う形を取っています。