犬猫は砂肝を食べても大丈夫!生で食べられる?処理の方法は?与え方や注意点を解説

愛犬・愛猫に与える砂肝について

焼き鳥やおつまみとして人気の砂肝。「砂ずり」と呼ぶ場合もありますが砂肝と砂ずりは全く同じものです。

脂肪が少なくほとんどが筋肉でできているためコリコリとした食感が特徴です。

犬や猫は砂肝を食べても大丈夫!

犬猫は砂肝を食べても大丈夫です。愛犬や愛猫と一緒に砂肝を楽しむことはできます。

ですが砂肝は犬猫に与える際に注意しなければいけないポイントがあります。

そもそも砂肝ってなに?

砂肝とは、「砂嚢(さのう)」と呼ばれる鳥類・爬虫類・魚類などに見られる消化器官です。

鳥には歯が無く、食べ物は噛まずにそのまま飲み込みます。そしてその食べ物と一緒に飲み込んだ砂で食べ物をすり潰す器官が砂嚢なのです。

性質上、砂が溜まりやすいので砂肝と呼ばれています。

生で食べても大丈夫?

犬や猫が生肉を食べているイメージをもっている方もいらっしゃると思います。オオカミやライオンの影響だと思います。

ですが犬猫に生の砂肝は絶対に与えないでください。これは砂肝に限った話ではなく、生のお肉を犬に与えるのは感染症の恐れがあるので危険です。

なぜかというと一般的にスーパーなどで買えるお肉は人間が過熱して食べることを前提として販売されているからです。

必ず茹でる・焼くといった加熱処理を行ってください。

犬猫の生食について。酵素やビタミン補給源としてのメリットや食中毒や過剰摂取のリスク

犬猫の生食のリスクやメリットについてはこちらにも詳しく記述しております。

処理の方法

砂肝には「銀皮」と呼ばれる薄い膜のような部分があります。

砂肝の画像

こちらの画像の白い部分が銀皮です。この銀皮、他の身の部分と比べると固いです。愛犬や愛猫が喉を詰まらせるといけないのでとってあげましょう

包丁でそぎ落とすか手で剥がすと良いでしょう。銀皮さえとってしまえば残りの部分は犬猫が食べても大丈夫な部分です。

喉に詰めたり消化不良を起こしにくくするために細かく刻んで食べさせてあげましょう。

砂肝に含まれる代表的な栄養素

すなぎも 生 可食部100g当たり

栄養素含有量
カロリー86kcal
たんぱく質15.5g
脂質1.2g
炭水化物3.5g
ビタミンB1236μg
ビタミンK28μg
亜鉛2.8mg
2.5mg

参考資料:八訂 食品成分表 2022

たんぱく質

そのほとんどが筋肉でできている砂肝の一番の特徴はなんといっても『低糖質・低脂肪・高たんぱく』ではないかと思います。

100gあたりのたんぱく質量は高たんぱく食材で知られる皮なし鶏むね肉と比べると3~4gほど少ないですが、脂質量は鶏むね肉より少ないんです。

脂質はエネルギーになるので必要な栄養素ですが肥満の原因にもなります。

たんぱく質は皮膚・内臓・骨・被毛など犬猫の体をつくるうえで欠かせない栄養素です。しかし、過剰に摂取すると肥満の原因にもなりますので注意しましょう

ビタミンB12

ビタミンB12は動物性食品にのみに含まれるビタミンです。

ビタミンB12はたんぱく質の合成や赤血球の形成に重要な成分で、体を若々しく保つために大切な成分といわれています。

ビタミンK

脂溶性ビタミンの一種であるビタミンKの主な役割は血液凝固です。

「血を固める」と聞くとあまりよくないイメージがありますがビタミンKは外傷などで出血が起こった際に活躍します

出血が起こると体内で「凝固因子」というたんぱく質の一種が傷口付近の血を固め、止血してくれます。ビタミンKはこの凝固因子を作るために必要なビタミンなのです。

鉄分は体に必要な金属ミネラルの一つです。酸素の運搬など、体にとってとても重要な役割を担っています

鉄分が不足すると目眩・ふらつき・免疫力の低下などの症状が現れますが、過剰に摂取すると食欲不振や下痢の原因にもなってしまいます。

亜鉛

亜鉛は肝臓のサポートや皮膚・被毛の健康維持をする重要なミネラルです。

亜鉛を過剰摂取すると「亜鉛中毒」になる可能性がありますが、亜鉛の毒性は極めて低いのでサプリメントの大量誤飲等でなければ滅多に起こりません。

犬や猫に砂肝をあげる際の注意点

砂肝は犬や猫が食べても大丈夫な食材ですが、砂肝を与える際にはいくつかの注意点があります。

味付けはNG

私たちが砂肝を食べる際には塩やタレで味付けをすることが多いですが犬猫に与える際にはそういった味付けはNGです。

人間用に味付けされたものは犬猫にとって塩分や糖分が多すぎる場合がほとんどです。

また、人間用のタレやソースには玉ねぎなどの犬猫が食べてはいけないものが入っている場合があるので愛犬や愛猫が欲しがっていても与えないようにしましょう。

きちんと処理をする

砂肝はお肉の中でも火が通りにくいです。しっかり中まで火が通っているか確認しましょう

それから犬猫に与える際は必ず細かくしてから食べさせてあげましょう

犬や猫は人間のように大きいものを細かくなるまで噛んでから飲み込むということはせず、ほとんど丸呑みしてしまいます。

砂肝をそのまま与えてのどに詰まらせると大変なので細かく刻んであげてください。

アレルギーは大丈夫?

犬猫は砂肝にアレルギーを持っている場合があります。初めて与える場合はごく少量にして様子を見ましょう

皮膚や口周りの赤みやかゆみ・腫れ等が見られた場合すぐに与えるのを辞め、症状がひどくなる場合は動物病院へ行きましょう。

犬や猫にあげるホタテのレシピ

砂肝ジャーキー

焼いた砂肝は香りもよく、少量づつ与えられるので給与量の調整もしやすいです。

砂肝のしょうが煮

しょうがに含まれるジンゲロール(さわやかな辛味の成分)は加熱によってショウガオールに変化します。
血行促進作用があり、体温が上昇し、冷えによる不調を改善する効果が期待できます。

【まとめ】犬猫は砂肝を食べても大丈夫

犬猫は砂肝を食べても大丈夫ですが以下の点には注意しましょう。

・生では与えない。
・固いので細かく切ってあげる
・味付けはNG

今回は砂肝について紹介しました。砂肝は注意点を守れば犬猫が食べても大丈夫な食材です。
普段のフードにちょい足しで与えてみてください。

鈴木 利奈

鈴木 利奈RINA SUZUKI - PET FOOD ADVISER

記事一覧

ペットレシピ.jpの記事を執筆・監修しています。

キャットフード勉強会・ドッグフード勉強会を運営している鈴木です。大好きな犬猫とペットフードについて深く学ぶため、講師を呼んで勉強会を開いています。ペットフード販売士、ペット栄養管理士、愛玩動物飼養管理士2級、化粧品検定1級(コスメコンシェルジュ)等の資格を取得。

関連記事